teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


嶺樹院

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月29日(月)20時52分46秒
  女性の法名らしい、綺麗な響きのある漢字ですね。
私の住む町にもたくさんのお寺がありますが、それぞれのお寺に、それぞれの歴史があるのですね。
 
 

大圓寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月27日(土)09時31分47秒
  ご本尊の本阿弥陀如来像は関西でも珍しい像なのですね。
それはどんな仏像なのか一度見させていただきたいですね。
 

大圓寺

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月26日(金)19時19分55秒
  関西でも珍しい阿弥陀如来像が安置されているのですね。
どんな仏像か、ちょっと覗いてみたくなりますね。
 

秋葉神社

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月24日(水)10時09分23秒
  浜松の秋葉神社から勧請した神社なのですね!

縁を感じます!
 

円通寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月20日(土)18時25分28秒
  土塀から本堂を見るというのは新しい手法ですね!
低い土塀ならではのこのアングルですね。
参考にさせていただきます。
 

本門寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月18日(木)11時53分0秒
  本門寺の山門も見事ですが、そこから覗く紅葉もまた
絵になりますね。
 

壽仙院

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月16日(火)19時45分20秒
  小早川秀秋公は若くして亡くなったけど、子どももいたのですね。
初めて知りました。
 

五箇寺の一つ壽仙院

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月15日(月)10時28分58秒
  どの戦にも、表舞台の裏で犠牲になる人たち、周囲の人を巻き込んだ
悲劇があるのですね。
関ヶ原の合戦もそのひとつですね。
 

法華寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月12日(金)12時00分37秒
  小早川秀秋ゆかりの寺院ですか。
見事な山門ですね。
考えてみたら、小早川秀秋ゆかりの寺社は
訪ねたことがありませんでした。
 

誓顕寺

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月 9日(火)19時30分47秒
  最近「芭蕉十哲」という言葉をよく聞くのでwikiで調べてみたら、14人の名前が出てきました(^O^)/  

誓顕寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月 9日(火)11時33分51秒
  亀山藩士についてはまったく知らないので
勉強になります。
亀山もいつか訪ねてみたい地のひとつです。
 

専念寺

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月 6日(土)13時41分40秒
  専念寺には徳川二代秀忠から四代家綱の三代にわたる将軍の位牌が安置されているのですか。
由緒あるお寺なのですね。
 

專念寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月 6日(土)09時31分27秒
  見事に整備された境内ですね!
庭園も素晴らしい。
それに駒札も読みやすいようです。
 

正誓寺

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月 3日(水)10時35分59秒
  京丹波の寺社を見せていただいていますが、いつか自分が訪ねる機会が
あったら、四方さんの記事を参考にルートをたてたいと思っています。
 

新年のご挨拶

 投稿者:めりい  投稿日:2018年 1月 2日(火)16時40分3秒
  あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

正誓寺の横にある鉾蔵、亀岡祭りではたくさんの鉾が並ぶのでしょうね。
伝統のお祭りが継承されているのですね。
 

京町天満宮

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月 1日(月)11時14分11秒
  各地で天満宮を見てきましたが、それぞれまったく
雰囲気が異なりますね。
こちらはお寺の名残が見られるのですね。
 

綾部の皆様へ

 投稿者:しずか  投稿日:2018年 1月 1日(月)11時12分36秒
  新年明けましておめでとうございます!
昨年もお世話になりました。
今年もよろしくお願いします<(_ _)>
 

幕末の経緯について調べておるものです。

 投稿者:小倉と申します。  投稿日:2017年12月31日(日)19時06分27秒
  初めまして。家紋、国内の歴史事情について詳しい方にお聞きしたいと思います。
姓が小倉なのですが、本家の墓に始まり先祖代々『七曜』の家紋が伝わっています。
※墓の場所は四国です。さらに、墓の周辺に江戸時代前後のものと見られる石碑も見受けられます。

また、祖父母の話によると、大正以前(時期は定かではない)は京都に本拠があったと聞いております。

自分で調べた結果、九き
(オニの字は邪気を呼ぶそうので敢えて書きません。熊野本宮神主の九き様がおっしゃていました)
であり、綾部藩から来ているものではないかと考えています。
が現状、姓が小倉、以前は小椋だったそうです。
でありながら、家紋が九き氏となっていますがこれはどう言った経緯が考えられますでしょうか?

私は全くこの様な事に興味がなかったのですが、とある時期に家系に纏わる怪奇現象の様なものが起り、それより衝動に駆られて、自分の先祖に興味を持ち始め調べさせて貰っている次第であります。

何か綾部の方に手がかりになるものが存在していたらと思い書き込ませて頂きました。
よろしくお願い致します。
 

桑田神社

 投稿者:めりい  投稿日:2017年12月30日(土)20時56分17秒
  >「丹波」はこの田庭より名付けられたとされる
あ、なるほどね~

桑田神社は、紅葉が綺麗ですね。
 

桑田神社

 投稿者:しずか  投稿日:2017年12月29日(金)08時32分49秒
  神社の由緒を知ると、そこに神社が存在する意味がわかります。

秋は見事な紅葉が見られる神社でもあるのですね。
 

レンタル掲示板
/145