teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 非常に魅力的なルイヴィトンコピー(0)
  2. 誠実 信用 激安ブランド直営Brandstorejp 会社(0)
  3. ブランドコピー品(0)
  4. N-JPBRAND.COMブランドコピー専門店(0)
  5. 信用できる店shoppingline-jp.com(0)
  6. 株式会社イズ ブランド腕時計コピー(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


音楽療法のホームページが変更になりました。

 投稿者:piano user  投稿日:2015年 1月 7日(水)11時57分33秒
  新しいサイレントデザイン

音楽療法ホームページアドレスです。

http://www.silent-design.jp/8.html

http://www.silent-design.jp

 
 

音楽療法の知識=silent design

 投稿者:piano user  投稿日:2014年11月28日(金)10時18分57秒
  音楽療法の知識を解説しています。ご興味のある方は下記のホームページを参考にしてください。

音楽療法ホームページ http://www.silent-design.jp/8.html


提供 サイレントデザイン

http://www.silent-design.jp

 

音楽療法の限界

 投稿者:おじゃま虫  投稿日:2014年 6月 3日(火)20時15分16秒
  あれあれ、久しぶりに掲示板をみました。新しい情報と自己体験の報告から、優秀な音楽家は音楽療法に首をつこむべきでない事が学問的かつ自己体験からもわかりました。これは特に老人医療の一部として行われている音楽療法です。私が歳をとったことからある論文をよんで納得しました。正確な論文は後日に掲示します。
   追伸  おとなしくなりましたね・・・国家資格はどうなったのですか・・・誹謗だらけの掲示板がなつかしいですよ。
 

信用 第1  

 投稿者:信用 第1  投稿日:2013年11月30日(土)15時40分13秒
  信用 第1
 サービスが行き届
価格合理     商品最新
http://www.laosev.com/hermes25cm-1.htm
http://www.laosev.com/hermes30cm-1.htm
http://www.laosev.com/iPhone5-case-1.htm
http://www.laosev.com/others-ipadmini-2.htm
 

カタルに堕ちた?

 投稿者:私もなってしまった  投稿日:2012年 9月29日(土)00時07分56秒
  catarrhじゃないかるた、ようちゃんのいうとおりだね。使いよう、だね。まさに今病に苦しんでいる最中の人に突きつけるもんじゃないよね。

家人たちは当初市原悦子の読み上げるCDを聞いて絵札を見て、怖い病気だね、っていったんだ。でも解説や付録のDVDを見て考えを改めたようだよ。このかるたのできる経緯を必然ととらえたようなんだ。よかったと思ってるよ。

じゃあね、チャオ!
 

かるたは語る

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2012年 9月27日(木)12時09分37秒
  暫くこちらに立ち寄っていなかったので応答遅れました。
幻聴妄想かるたは、出版されて間もなく新聞で取り上げられているのを見て、即買いしました。私が個人所有していてもそれ切りなので、関わっている精神科デイケアに寄贈したけど、デイケアの患者さんの活動ツールとしては使えませんね(自分や他者の病気について、いろんな立場や見方の患者さんが集まっているので)。自助グループなどでは有用だろうと思っています。勿論、当事者以外の方へ病気に関する新たな認識を持ってもらうツールとしては、とても良いツールですね(ただし、正当な取り扱いをガイドする人が側にいないと、あらぬ誤解や偏見を助長しかねない懸念もありますが)。
といったところで、ではまた。
 

幻聴妄想かるた(妻→弟、豚→犬、が正解)

 投稿者:妻を豚にしてしまった  投稿日:2012年 9月21日(金)00時30分36秒
  出たね、ようちゃん。幻聴妄想かるた。医学書院から出版。凡百の専門書が吹っ飛ぶほど統合失調の本質に迫ってるね。秀逸な言葉遊びとして楽しんでもいいし、その人たちのイマを切り取る言霊として形而上的に思惟してもいいし、シュールなアートとして感じてもいいらしい。大反響だね。
統合失調や発達障害はもちろん一括りにできないけど、医療、福祉、カルチャとしてターニングポイントにいるよね。そこから先、現実にひき戻り、彼らとどうコミュニティの中でかかわっていけるか、難しいなあと思いながら考えないとね。思いのほか大勢、目を凝らすとひっそり自分の近くで暮らしているのに気付くもんね。自分(たち)の中にもそれらへのスペクトラムがあるのもわかってるんだ。涙なくして笑い飛ばすことはできないね。
 

うちの市の図書館

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2012年 6月 5日(火)00時00分53秒
  おじゃま虫さん、せっかく書き込んでくれたのに反応しなくてごめんね。応答しようとは思ったんですが、そう思ってる時はたいてい酔っぱらってるので、考えがまとまんなくて結局なんもせんかったです。
で、今も酔っぱらってるので、まともなコメントができませんが、先頃以下の2冊の本が出版されたようなので、ご紹介しておきます(今日、本屋でみつけてちょっと立ち読みして「あら、良さそう」と思ったので「早速、市の図書館に新規購入のリクエストをかけよう!」と思ったのでした(エヘへ、自分じゃ買わないんだよね、セコい)。
日本評論社 こころの科学叢書シリーズ 「統合失調症の回復とはどういうことか」(横田泉・著)、 同じく「統合失調症治療の再検討」(中里均・著)。
要するに「統合失調症が『よくなる』って、どうなることなのさ?」「統合失調症に『効く』って、どういうことを指すのよ?」ってことかな。統合失調症の病態概念が未だに定説を得ていない今日この頃にあって、このキーポイントを改めてよく考えないと「××療法が統合失調症に有効かどうか」ってことは判断できないだろうな、と私は思うのですね。
うちの市の図書館はスゴいんだよ、リクエストかけると、マンガ以外ならまず大丈夫、2~3週間以内で入れてくれるんです。楽しみだなぁ。じゃ、またね。
追伸)あ、その2冊は図書館頼みにしたけど、卯月妙子・著「人間仮免中」はちゃんと自腹で買ったよ(マンガだからだけどネ)。これまた必読!
 

統合失調症

 投稿者:おじゃま虫  投稿日:2012年 5月25日(金)11時12分48秒
  久しぶりです。
 少し古くなりますが、BMJ 2012;344:e846 に  [芸術療法による効果は認められず]・・統合失調症にグループ芸術療法を実施しても、患者の精神面での健康や社会機能に改善は見られなかった・・・ という内容の論文が出ています。 音楽療法もこの範疇にはいるのではないかと考えています。
  詳しくは、論文をよむか、和文の要約がほうぼうに出ています。
 

国際ダンスデー・フェスティバル

 投稿者:??βメール  投稿日:2012年 2月26日(日)21時55分22秒
  「国際ダンスデー・フェスティバル」(第5回)

目 的 フォークダンスを通じて若い世代の出会いと交流の場を提供し、その健全育成に努めると共に、いわゆるコミュニケーション力の向上を通じて少子化対策に寄与し、若い当事者たちの主体的な取り組みによって、地域の活性化にも貢献する。

担当団体 練馬フォルクローレ実行委員会
日時 平成24年4月29日(日・祭)午後1時から5時
   (ユネスコのダンスデー当日)
会場 都立光が丘公園(練馬区、地下鉄大江戸線・光が丘下車)

内容 ○フォークダンスを中心とした参加者の交流
   ○引きこもり青少年の社会参加の機会提供
   ○練馬区内外の各大学生と日本語学校留学生との国際交流
      ○ギリシャ民族舞踊「パレア」デモンストレーション
   ○「二期会音楽療法グループ」 ヴォーカル
   ○立教大学大道芸サークル「どりぃむ・ぼっくす」
      ○元引きこもり女子プロレスラー大畠美咲選手のパフォーマンス
      ○元引きこもりタレント・女優 矢部美穂さんのパフォーマンス
      ○板橋区吹奏楽団 マーチングバンド形式の野外演奏

後援 東京都ユネスコ連絡協議会 毎日新聞社 東京都女子体育連盟
      東京都青少年・治安対策本部 日本青年国際機構 他

連絡先フォルクローレ連絡協議会事務局長 松原和雄 TEL049-258-3218
    〒354-0041埼玉県入間郡三芳町藤久保1-11
ホームページアドレス folklore-folkdance.com

http://www.gilishya-shinwa.com

 

突然すみません><

 投稿者:  投稿日:2012年 2月 9日(木)13時24分38秒
  音楽療法士になりたいと、少し前から思っている24歳です。
音楽療法士になるには、絶対に講習を受けたりしなければならないのですよね?

自治体がやっている県もあるみたいだけど、自分の所の自治体(三重県)はやってないみたいで…
実施自治体がない人は、実施自治体のある県外へわざわざ出向いて講習を受けに行っているんですか?
 

取材

 投稿者:メタ坊  投稿日:2012年 2月 8日(水)00時15分18秒
  先日、音楽療法について朝日新聞から取材されました。まじめに答えたけれど、意は尽くせませんでした。5県の地方版ですが、どのような取り扱いになるでしょうか。

いまさら、ではなく、いまから、に傾注したい、と思います。
 

よいお年を!

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2011年12月31日(土)21時54分6秒
  いよいよ今年もあとわずか。ここも含めて音楽療法関係のブログは概して寂しくなったけど、お調子者だから最後にちょっと書き込みさせてもらいます。今年は本当に大変でしたね。3月11日のあの時、私は千葉県は木更津の某施設で主に脳血管障害後遺症をもった中高年者のグループと臨床音楽活動(なんて高尚なもんじゃないね、音楽遊びかな)をしている最中でした。私は立っていたので始めは揺れに気づかなかった。着席して活動参加していたメンバーさんが「地震だ」と言い出したかと思うと、ゆ~くりとした回るような揺れが私たちを襲ったのでした。パニックを起こしそうなメンバーさんに「大丈夫、大丈夫」と何の根拠も無いのにヘラヘラ笑いの顔で私は声を掛けてたっけ。木更津の震度は5強だったかな。後から知ったのですが、約1m高の津波が木更津港に達し、相応の被害もあったらしいですが、幸いにも私を含めて、私の周囲では深刻な状況は起きませんでした。その後の東日本の状況は皆さんもご存知の通り。今日は大晦日ですが、去年の今頃、まさか2カ月ちょっと後にあのようなことが起こるとは、誰も思ってなかったですよね。そして、原発・・。私は広島被爆した母親を持つ身として、改めていろいろと考え、しかし行動を起こせず、自己嫌悪している昨今です。
さて、話しを変えましょう。来年3月、音楽療法学会関東支部の地方大会があるということで、一応参加申し込みしたものの、正直、もう学会員であることにどれほどの意味があるのか、わからなくなっています。学会認定音楽療法士なる名称取得にはとうの昔に関心をなくしているし、学会の活動や運営にほとんど興味も同調心もありません。時折送られてくる学会誌の内容は私の活動には何の役にも立ちゃしない(暴言、失礼)。もう、学会からは離れるべきなのだろうな、と思います。大会には学会員じゃなくても参加できる訳だしね(参加費用は割高だけど、学会の年会費と相殺すればどっこいだ)。ちなみに、3月の大会は、講習会は(魅力ある演目が見当たらず)パスして、交流会と地方大会に顔を出す予定で、アハハ、けっきょくまたそのパターンかぁ。
さて、さらに話しは変わって・・ここ数年、目をつけて、ここのブログでも言及していた女優・満島ひかりが今年は一般にブレークして、勝手に鼻高々な私なわけです。NHK朝の連続ドラマ「おひさま」でお茶の間受けしたのに加えて、フジTV系ドラマ「それでも、生きてゆく」で(視聴率はよくなかったけど)あの、演技の怪物・大竹しのぶを相手にまわして堂々と渡り合ったマニアックな演技っぷりは見事でした。映画も「一命」「ラビット・ホラー3D」「スマグラー」に主演・助演と八面六臂の大活躍。そして年明け元日(つまり明日ね)にはNHK・BSで大型ドキュメンタリードラマ「開拓者たち」で主演! いや~、我ながら、見る目があったなぁ。俺、たいしたもんじゃんっ! と悦に入りながら新年を迎える、おめでたい私でした。
それでは、皆さん、よいお年を!
 

タウトは淘汰!?(回文)

 投稿者:melt down  投稿日:2011年11月24日(木)21時22分0秒
編集済
  ふと思いついた投稿に釣られてくれたお二方、ありがとうございます。ホンにお久しぶりで。久々の躁転で、お騒がせします。mellow outがmelt downしてしまいました。

相変わらず深いお考えと拝読いたしましたが、私にはやはり小説のほうが奇、なのであります。できの悪い音楽療法は遍在し、おっしゃるようなのは偏在しとります。これが事実でしょうて。あたしの周囲にはライブ感などかけらも微塵もありゃあせんで。音楽療法セッションは十年一日の如しです。お相手の好みは確実に変わって来とる、思うんじゃがのう。これはこれで、FTDに限らず認知症の常同性に対する親和性の見地からは悪とは言い切れませんがのう。それより祝日にセッション!!!にびっくりですわ(音楽療法したいといいながらセッション日は土日祝日は避けて欲しい、っちゅうヒトビトは結構知っとります)。デイサービス戦争のさなか吉野家的年中無休はようけあるけど、土日祝、音楽療法やっとるとこは、この地方じゃほんま少ないんですわ。というか音楽療法をやろうとする施設が減ってきましたの。最近は。タウト、いや淘汰されよるんですかの?

デジタルの中のニッチにこれからの若いヒトは孤独にお住まいになって、流行に後れまいとしたり、ただ一人自分の世界とお考えになっておられるとして、その人たちが年取った時、ライブ感ある音楽療法をどう展開し、提供するんかのう?って、あらためて思いましたで。イヤホン相手の個別的音楽療法ですかの?・・・・学級崩壊ならぬ、デイケア音楽療法崩壊出来か?・・・今までも見かけたような気もするがのう。うまく言えんで歯がゆいんじゃがの。筆じゃあ、あーたがたお2人のように上手う伝えられんのう。耄碌を感じますで。ああ、また鬱に変わっていきよるようじゃああああ!
 

やぁ! (^-^*)/コンチャ!

 投稿者:お久しぶり  投稿日:2011年11月24日(木)08時33分54秒
  きのう11月23日(祝)のセッションでした。
いつものように「きょうは何の日でしょうか?」と切り出すと
「天皇が新米を食べる日!」と声が響きました。
「でも今年は天皇さん、病気で出られないんだよね」と、みなさんどこか寂しそうです。
(昭和22年までは「新嘗祭」。
 今もこの日は天皇が一年の収穫を神々に感謝する最も重要な祭祀の日ですね。)

「ところできょうは雪をいただいた富士山がよく見えますね。日本で一番高い山、富士山は…」
 と言いかけた途端、ブーイングが飛んできて
「違う!一番高いのは玉山(ぎょくざん)だ!」とかくしゃくとした声をあがります。
(台湾の玉山(3,952m)は、台湾が日本統治下にあった明治28年から昭和20年までの半世紀の間、
学校では「日本一高い山」と教えていました。
玉山の日本名が、あの真珠湾攻撃の暗号として有名な「ニイタカヤマノボレ」の新高山ですね)。
こういう素直な反応がすぐに出てくるセッション、今は全国で珍しくなくなったようです。

mellow outさん、今や音楽はiPodやケータイに入れて身につけ、脳内で響かせるもの。
それらをあえて音楽療法に持ち出さなくても、個々人で「気持ちいい音楽」を好きなだけ聞けば良い。
でも、そのうちの大半はしょせんマスプロダクトされた音楽です。
「周囲と自分との差別化」をもくろんだところで、結局どこか似た同じ音楽を一生懸命聴いている自分にいつか気づくのではないでしょうか。

一方、音楽療法はライブです。
例えば「周囲と同化したい」と思って一斉に唱歌・童謡・懐メロ・演歌を歌っても、
同じ歌を歌えば歌うほど、各自の胸中には個人史や感情が湧き起こり想定外のことが起きる。
音楽療法は一期一会の茶の湯です。
唱歌・童謡・懐メロ・演歌の底に残響する戦前から戦後の日本歴史と生活文化、
そこに根差した日本人のメンタリティの質量の重さ深さに比べれば、
それ以降の新しい歌など種類は多様多彩であるけれど、リアルタイムで学べ、技術・情報として身につけられる便利な教材もそろってます。
「周囲と同化したい」ための音楽を学ぶほうが、今となっては教えてくれる先輩も少なく、むずかしいのではないでしょうか。

「いまだに懐メロ、唱歌、演歌でいいのだろうか?」に対しては、「はい、いいのです、いまだに、今も、これからも」とお答えしたい。

一方、身体運動機能、発声発語機能、認知遂行機能といったそれぞれの機能維持・改善のために音楽を活用しているPTやSTの現場が増えています。
NMTの御大タウト博士がいくら独占特許をうたおうと、
タウトの本など読んだことはなくても日々のリハビリと予防活動を実践する日常の現場において有効なやり方を模索しているうちに、
いつかタウトの発想とつながる数々の手法が生まれてくるのは当然です。
有効なものは、家元化するのではなく、共有するに限ります。
日本のPT、STたちは勤勉です。音楽療法士もそれに続くことでしょう。

高齢者領域ひとつとっても音楽療法はすでに「画一的に存在して」はいません。
mellow out  さんのご心配は杞憂かな ((*´∀`*))ノ゛
 

おっ!?

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2011年11月23日(水)23時30分12秒
  おっ!? 書き込みだっ! だ、誰? ・・20日付けかぁ。
<<求められるものが変わってきた
そもそも何を求められてたんでしょうか・・(取り敢えずの反応のみで一言)
 

気持ちいい音楽

 投稿者:mellow out  投稿日:2011年11月20日(日)21時55分13秒
  ちょい古ネタだけど、ブルータスの「気持ちいい音楽」特集、結構面白かった。

音楽療法、どうなるのかな。高齢者の音楽療法も十年一昔、求められるものが変わってきた。多様化の中で、いまだに懐メロ、唱歌、演歌でいいのだろうか?

周囲と同化するための音楽と、周囲と自分を差別化する音楽との狭間で、音楽療法が画一的に存在していけるはずもないと思うのだが・・・自分の知らない音楽の世界が増えすぎたぞっ!!!強迫的に追いすがっても無駄と悟ったが・・・

音楽療法のできることは音楽のできることのたなごころの上にすぎんのだな。
 

合掌・・ひょうたん島メルモちゃん

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2011年 5月12日(木)23時36分21秒
編集済
  有名無名の多くの命が失われたところで、特定の個人を取り上げて惜しむことに些かのためらいがありつつも・・・宇野誠一郎さん、刺激的で楽しく、かと思ったらしっとりと穏やかで、知的で、でもバカみたいで・・・あなたの音楽、大好きでした。これからもずっと愛聴・愛唱させていただきます。ありがとうございました。  

探してみました(^^;

 投稿者:ooba  投稿日:2011年 2月26日(土)00時59分11秒
  「ザ・ビック・ピアノ」面白そうなんですけど、どうやって使ったらいいのか、ちょっと悩んじゃいますねぇ。実はスズキで出している鍵盤のお化けみたいなの、持っているんですが・・・やっぱ使い道がいまひとつで。音源がハーモニカと同じ原理なので音は気に食わないですが、バラバラにできるので、看護学校の生徒に組み立てさせたりしてます。音と音の関係なんかを説明するのに使ってます(^^;
ようちゃんにご紹介いただいたのは、音色が変えられるようなので興味はあります。
どなたか購入された方、いませんか?
 

学会(地方大会)行かないし、情報交換はネット頼みってかっ?!

 投稿者:ようちゃん  投稿日:2011年 2月16日(水)01時02分32秒
  「ザ・ビッグ・ピアノ」(トイザらス)、「 Ucreate Music」「Loopz game」(ダンスミュージックレコード(DMR))。セッションに使えそ~~なツールだと思うんですけどネ~(例えば精神科領域あたりで)・・今イチいい使い方がイメージできないので購入せずにいます。よいアイデアあったら、募集っ!
(え~、業務連絡、業務連絡ぅ~。「黄昏のビギン」はもちろん、ちあきなおみ。って言い切ってもいいけど、オリジナル、水原弘もいいんだよね~・・・・たいへん遅ればせながら、本年もよろしくお願い申し上げます)。
 

レンタル掲示板
/20