teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まるみちゃんの送別会にシカの足が来ました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月22日(水)18時41分45秒
  今日は明日帰るまるみちゃんの送別会。
ピザとスパゲッティーの予定が、てつがシカの足を持ってきてくれたので、急きょシカ肉とピザに変更。
みんなで解体と、肉をミンチにしたりしています。
まるみちゃんは昨晩にクルミ入りとクルミなしの人参ケーキを作ってくれました。
3時のおやつに時間に食べましたが、短時間で作ったのにすごくおいしい人参ケーキでした。
 
 

クルミを割る。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月21日(火)18時37分57秒
  手伝いの二人がクルミを割ってます。
クルミはストーブの上で熱すると簡単に割れるそうです。
今まで鬼グルミはなかなか割れないのが難点でした。
専用の割る道具でも、かなり力を入れなければ割れません。
ストーブの上で結構熱するのですが、そのうちに割れ目が見えてきます。
割れ目が見えたら、あとは簡単に割れるそうです。
熱する前に水につけてから熱すると、より割れやすくなるそうです。
今の若い人はすぐにスマフォで検索できます。
いいこともあります。
クルミで人参ケーキを焼くそうです。
人参ケーキ楽しみです。
仕事は人参の選別とパッキング。
 

ワラジ作り。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月20日(月)20時16分51秒
  昨日は縄ナイを教えていたのですが、手伝いの3人はすごくうまくて、すぐにワラ草履作りに移行しました。
12時過ぎまでかかり、二人は作り終わり、もう一人もほぼ完成まで行きました。
3人とも熱心でふりだし本来の感じになってきてます。
やはり熱心な人たちがいると、教える方もうれしいのです。
楽しくやってます。

今日は肥くみ、便所がいっぱいで溢れそうなので、肥を出し、畑にまきました。
ふりだしの便所はナマステ菌で発酵してるので、それほど臭くはありません。
肥くみは意識を変えないとできません。
みんな意外と簡単に感覚は変わります。
自分で出したものを、自分で処理する。
当たり前のことなのです。
やるまでは抵抗があっても、やり始めるとそれほどでもないことがわかります。
それよりも、天秤棒でうまく担ぐのが面白くなってくるのです。
 

ヒエの脱穀。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月17日(金)18時57分42秒
  遅れていたヒエの脱穀をしました。
足踏み脱穀機での脱穀です。
ふりだし塾ではみんなに技術を習得してもらわなくてはならないので、手伝いの人は全員全部の工程をやってもらいます。
仕事が大幅に遅れているので、3人のうち一人は途中で交代しました。
彼女は少しこの作業が苦手だったのですが、普通はうまくできるまでやってもらうのですが、寒くて作業が遅れると、途中では終わることができません。
やむなく後退しました。
途中mちょっと縄ないを教えました。
 

手伝いの3人は料理にはまってます。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月16日(木)18時48分12秒
  3人とも料理が好きで、創作料理やいろんなメニューに挑戦してます。
パンも2-3日でなくなってしまうので、交代でパン作りをしてます。
クルミパンにも挑戦したいみたいなのですが、まずクルミの殻を割ってクルミを取り出すところからやらなければなりません。
やはり3人いると楽しいみたいです。
畑は毎日人参の収穫。
 

手伝いの3人頑張ってます。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月13日(月)19時47分18秒
  今年はあまり手伝いの人は来ませんでしたが、追い込まれた10月末から手伝いの人が連続で来てくれてます。
9,10日で新しい人たちに入れ替わりました。
前の人たちもよくやってくれました。
今回の人たちもよくやってます。
昨日の夜は久しぶりにはし作り。
ふりだしでは、昔は必修科目だったのですが、最近は乗らない人たちも多く、箸作りはやっていませんでした。
3人とも熱心に作ってました。
今日は人参の収穫をしましたが、さすがに3人増えると早い。
一気に仕事が進みました。
 

産業文化祭、ふりだしの野菜はよく売れました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月12日(日)18時46分42秒
  キャベツと白菜が無くなって、大根とカブも凍ってしまってどうなるかと思ってましたが、野菜はよく売れました。
手伝いの3人もよくやってくれてました。
手伝いの人たちはそば打ち体験したり、ビンゴゲームでビンゴがでたりで楽しそうでした。
4週連続イベントも無事終わりました。
来週末は打ち上げで、またみんなが集まります。
再来週は東京の下北沢ママンカ市場への出店です。
それで今年のイベントは終わりです。
年末の餅つき大会は別格です。
 

ヒポクラテスの健康に関する教え。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月11日(土)22時56分32秒
  友人のフェイスブックからの転載です。
これだけわかってるとあなたは健康になれます。

病気を治そう??
健康・ウェルネスサイト
病気を治そう??
11月8日 22:44 ?

友人がページで紹介していたのですが、内容が素晴らしかったので。
2500年前の医者”ピポクラテス”が残した言葉。
日本は忘れてしまっているかもしれませんね。

・歩くと頭が軽くなる

・火食は過食に通ず

・まず何よりも害をなすなかれ

・すべての病気は腸から始まる

・歩く事は人間にとって最良の薬である

・満腹が原因の病気は空腹によって治る

・月に一度断食をすれば病気にならない

・病気は神が治し、恩恵は人が受け取る

・汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ

・人は自然から遠ざかるほど病気に近づく

・病気は食事療法と運動によって治療できる

・食べ物で治せない病気は、医者でも治せない

・人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている

・賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ

・病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない

・私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである

・極度に激しい疾患には、極度に激しい治療が最も有効である

・健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない

・筋肉を充分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい

・心に起きる事はすべて体に影響し、体に起きる事もまた心に影響する

・食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか

・患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすればどんな病気でも治してみせる

・人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる

・病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る

・病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり医者はこれを手助けするものである
 

手伝いが3人になりました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月10日(金)18時40分43秒
  今日二人手伝いが来てくれました。
これで手伝いは3人になりました。
久しぶりににぎやかで、ふりだしらしくなってきました。
彼らは全員2週間の予定です。
彼らがいるうちに畑をほとんど終わらせることができればいいのですが、どうなるでしょう。
畑の作業は絶望的に遅れてます。
寒くなるのが遅いのが救いです。
 

ママンカ市場の手伝いが決まりました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月 6日(月)18時55分9秒
  今回クラフト祭り、陽だまりマーケットを手伝ってくれた、ショウタとしばちゃんが手伝ってくれることになりました。
当日、ふりだしに興味がある方もぜひ来てください。
もちろん手伝ってくれる人も大歓迎です。

昨日の陽だまりマーケットは、本当に忙しくて彼ら二人の手伝いがないと対応できなかったと思います。
陽だまりマーケットは野菜はあまり売れませんでしたが、隣のピザとピタパンのお店は繁盛しました。
ありがとうございました。
 

11月26日下北沢ママンカ市場の出店の手伝いをお願いします。

 投稿者:げた  投稿日:2017年11月 2日(木)20時29分55秒
  11月26日に下北沢のママンカ市場に出店するのですが、大鹿村から二人行くのは大変なのです。
現地で当日手伝っていただければ助かります。
毎度、お願いばかりで申し訳ありません。
昔ふりだし塾に来た人で、東京に現在住んでる人が来てくれれば、久しぶりの再会は楽しいものです。
またふりだし塾に来てみたいけれども、来る時間がない人たちにとっても、新しい交流ができて楽しいと思います。
よろしくお願いします。
 

ようやく手伝いの人が来てくれました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月30日(月)18時51分24秒
  クラフト祭りの応援に来てくれた女性が次の陽だまりマーケットまで畑を手伝ってくれることになりました。
ふりだしOBのカスミちゃんも子供を二人抱えながら手伝ってくれてます。
陽だまりマーケットへは、昨年のここから祭りにも手伝ってくれたショウタも手伝いに来てくれること言なりました。
次の産業文化祭には、ふりだし祭りの時に手伝いに来て、わずか3日で帰った大樹が彼女と二人で再挑戦してくれるそうです。
楽しみです。
 

今年の秋の天候は絶望的です。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月28日(土)18時28分36秒
  また雨が降ってます。
台風のおまけつきです。
秋は米をはじめとする、穀類豆類の収穫時期です。
2-3日晴れないと収穫も脱穀もできません。
2-3日晴れては雨で、その雨の量が多いので地面も乾きません。
今のところ収穫も脱穀も見込みがありません。
天気予報では、今回の雨の後にも、また雨が控えてます。
どうしようもありません。
 

霜対策。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月24日(火)19時58分54秒
  昨日は夕方の気温が4度だったので、今朝は確実に強い霜が降りると思ったのですが、天気が崩れて霜はおりませんでした。
大池の畑は、すでに10月5日前後に初霜で、その後に2回霜は降りてますが、幸いにも弱い霜だったので作物はほぼ大丈夫でした。
きょうはヤーコンを掘ったのですが、ヤーコンが泥だらけで、水で洗わなければならないので時間を食います。
例年なら乾かして、それから泥を落としていたのですが、今年はあまりにもドロドロで乾かしてもなかなか泥が取れません、水で洗って泥を落とした方が早くてなおかつ表面に傷がつきません。
問題は保存です。
保存は普通は泥付きのほうが長持ちします。
洗ったヤーコンの保存は初めてなのでどうなるかはわかりません。
ヤーコン自体は豊作です。
昨年は半分が腐ってましたが、今年は10分の1ぐらいしか腐ってません。
昨年半作だったので、作付を増やしたところに豊作なのでm例年の倍くらいヤーコンが取れてしまいました、
ヤーコンはすぐには売れません。
10日から2週間は寝かさないと甘みが出ないのです。
ヤーコンを売るのは冬場が主なんですが、保存は屋外ではできません。
室に入れるのですが、全部は入りません。
家の中のどこかに置くしかありません。
これから家の中はのうさんぶつで溢れます。
すでにさつまいもとカボチャが家の中で保存されてます。
この家はログハウスなので、冬でもマイナスの気温にはなりません。
その代り、1日でも家を空けることはできません。
毎日ストーブをたかなければ、家の中はすぐにマイナスの気温になってしまいます。
冬になると出荷分も家の中に保存してますから、1年分以上の作物が家の中にあるということです。
いざという時には役に立つでしょう。
 

台風すごいです。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月23日(月)00時06分40秒
  今回は全然対策してません。
ハウスが心配ですが、今更どうしようもありません。
花豆とか、高キビも倒れるでしょう。
古代米のハザも心配です。
台風は結構被害が出るんですよ。
それでも誰にも文句は言えません。
天気のことはじっと我慢して、それに対応することしかできないのです。
農家は耐えることができない人にはやれないのです。
この上衆院選の結果がこのざまです。
しばらく精神の安定はなさそうです。
 

衆議院議員選挙はどうなるのでしょうか。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月22日(日)18時41分10秒
  今回の選挙は関係ないとは言えない選挙ではあるのです。
何しろ、もし自民党、公明党、維新、希望の改憲4党の議席が3分の2以上になると憲法改正が発議されます。
つまりのちの歴史によって、この選挙から軍事化が本格的になり、戦争に突入なんてことになる可能性が大きい選挙なんです。
なんでこうなってしまったのでしょう。
皆さん気がくるってるとしか思えません。
憲法がかかってる選挙だとどれだけの人が意識してるでしょうか。
戦後70年かけて、考えない人たちを増やす政策が、こんなにもうまくいってる国はないんではないでしょうか。
もちろん支配する人たちは、非常に巧妙です。
今回もボロボロにやられてしまいました。
この50年、ひたすら踏ん張ってきましたが、もう後はなさそうです。
多分1歩も前に進めていないのでしょう。
ひたすら押され続け、どんどん戦線は破られ、もうどうしようもないところまで来てしまったみたいです。
踏ん張る気力もなくなりそうです。
 

飛行昆虫の激減。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月20日(金)19時12分29秒
  cnnより転載です。


(CNN) ドイツの自然保護区に生息する飛行昆虫の数が、27年間の調査のあいだに75%あまり減少した。そんな研究結果が20日までに、米科学誌「プロスワン」に発表された。研究者らは昆虫生息数の「劇的」かつ「危機的」な減少により、世界の穀物生産や自然界の生態系に広く影響を及ぼす恐れがあるとしている。

研究はオランダのラドバウド大学とドイツ西部クレーフェルトの昆虫学会の研究者が実施したもの。

研究では、「飛行昆虫のコミュニティーはこの数十年間で全体として激減した」と指摘。「昆虫の多様性や生息数の豊富さが失われたことで、食物網に連鎖的な影響を引き起こし、生態系のあり方を危険にさらすものと予想されている」とした。

論文の共著者は、今回の研究結果を受けて同僚も含め非常に驚いたと言及。CNNの取材に、「これらは農業地帯ではなく、生物の多様性を保存するための場所だ。だがそれにもかかわらず我々は、昆虫が手の届かないところに行ってしまっているのを目の当たりにしている」と述べた。

今回の報告書では生息数減少の背後にある要因として、気候変動や昆虫の生息地の消滅、殺虫剤の使用の可能性を示唆している。

食物源を昆虫に頼っている種や、これらの動物を食べる食物連鎖上位の捕食者は、こうした生息数の減少により打撃を被る可能性が高い。穀物や野生植物の受粉のほか、土壌内の栄養循環も影響を受けるとみられる。

日本でも大鹿村では大幅に減っています。
何年か前までは、春のサクラとかサクランボの木にはうるさいぐらいの飛ぶ虫が集まってきてました。
今は本当に数えれるくらいしか来てません。
日本ミツバチなんかもたまに見つけると、「お前まだ生きてたのか、がんばれよ。」とか言いたくなるほど見かけません。
これが生態系に与えるダメージはゆっくりですが、確実に増えていきます。

現在地球環境は非常事態宣言が発令中なんですよ。
よくよく考えてください。
 

稲の脱穀が終わりました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月13日(金)19時01分47秒
  主力のアキタコマチの脱穀が終わりました。
古代米はまだ刈ったばかりです。
ハッピーヒルはまだ半分くらいが穂が立ったままです、刈取りはあと半月ぐらい先ですが、たいてい霜にやられてやむなく刈取りになります。
それでもハッピーヒルは脱穀すると意外に取れてるのです。
一つの穂にたくさんのコメがついてるので、あまり取れなかったと思っても、まあまあ取れるのです。
ハッピーヒルを作り始めて6-7年になりますが、いまだに大鹿村になじんでいるとは言い難い感じです。
ただ草には強いのです。
古代米も草には強いのです。
今年は草が多かったのですが、古代米は丈が長いので何とかなります。
アキタコマチは2枚の田んぼが今までで一番取れませんでした。
これは肥料の失敗です。
ところが別の田んぼは豊作でした。
肥料は同じだけなのに、田んぼによってこんなに違うんだと改めて思いました。
アキタコマチは600キロ取れました。
コンバイン袋1袋に約30キロ米は入ります。
30キロのコメを運ぶのはさすがにきつくなってきてます。
 

出店の短期の手伝いを募集します。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月 9日(月)21時23分1秒
  10月22日東京下北沢ママンカ市場。
10月29日大鹿村クラフト祭り。
11月5日中川村大草公園陽だまりマーケット。
11月12日大鹿村大河原地区館産業文化祭。
とイベントの出店が続きます。
11月10日前後には二人手伝いが来るのですが、それ以前は手伝いはいません。
現地で手伝ってくれても結構です。
出来れば前日と当日手伝ってくれれば一番です。
出店の手伝いは特別に短期で結構です。
11月5日の陽だまりマーケットはピザ等の食事の店と、農産物を売る店を2店毎年出店してます。
陽だまりマーケットだけでも手伝ってくれればうれしいです。
二人で2店舗は本当にきついのです。
よろしくお願いします。
 

古代米の稲刈り。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月 9日(月)19時17分18秒
  古代米の稲刈りです。
草がすごくて稲刈り期は使えませんでした。
手で刈ったのですが、これが楽しいんです。
最近は稲刈り期で刈るのに慣れてしまって、手刈りはほとんどしなくなってました。
米作りの原点なんですね、稲刈りと、田植えは。
来年はもう少し手植えの田植もやってみます。
腰がだめなので長時間はできません。
それでも少しでも、手で植え、手で刈ってみたいです。
若い人は最初の年から機械で稲刈りしようとする人もいますが、家族総出での田植えと稲刈りはやはり楽しいものですよ。
自給用のコメを作るということは、生きる根本みたいなところがあるんです。
そこを大事にやるのは必要なんじゃないかと思います。
プロの農家はつい初心を忘れるもんです。
何しろ、農業で食べていくのは尋常でなく大変なんです。
 

しばらくフェイスブックに移動します。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月 8日(日)19時06分42秒
  げたはこことフェイスブックの両方を維持できません。
しばらくはフェイスブックに行きます。
多分、しばらくすると帰ってくると思います。
フェイスブックはもろ世間です。
ここは、げたが一人で書いて反応もほぼわかりません。
ここのほうが気楽に書けます。
ただ、イベント情報とか販売はあちらの方がすごいのです。
少しづつ、住み分けて両方を運営できるようにしたいとは思っていますが、しばらくは向こうもしっかりと確立しなければなりません。
必ずこちらに戻ってきます。
なぜなら、しゃしんをアップできないげたは文章で説明しなければなりません。
向こうはいかに短くまとめなければならないかのなんですが、こちらの方が長文をゆっくりかけます。
 

やっと投票したい人がでました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月 6日(金)19時10分30秒
  長野5区は共産党が候補者を取り下げ、元中川村村長の曽我氏が出馬することが決まりました。
民進党がそのまま候補者を出していたら、野党共闘で民進党の候補者だけになってたところです。
前原誠司が党首の民進党に投票するわけにはいきません。
希望は自民党の派閥の一つにすぎません。
前原たちが希望に行ったのは本当にいいことなのです。
長年投票したい候補者がいないので、やむなくいろんな人に不本意ながら投票してきました。
何しろ棄権するわけにはいきません。
棄権は自らの権利の放棄で馬鹿げたことです。
いくら不正選挙が疑われる情勢でも、彼らに出来るのは下駄をはかせる程度です。
アメリカ大統領の選挙でも、ヒラリーに下駄をはかせたのだけど、それでもトランプが勝ったのです。
圧倒的な票差で勝つ以外に方法はないんですけど、今回はどうなるんでしょう。
曽我さんが勝ったら少しは世の中が良い方に動き出したということです。
自民、公明、維新、希望が少しでも票が減ることを祈りつつ書いてます。
選挙のことばかりになってしまいました。
いつもは選挙があることさえ忘れてしまうほどなんですよ。
畑は毎日行ってるんだけど、ついつい選挙に興奮してしまうのです。
 

衆院選はどうなるのでしょう。

 投稿者:げた  投稿日:2017年10月 1日(日)19時18分16秒
  民進党はボロボロですね。
これで、与党と同じ主張をしている人たちがいなくなれば、新しい民進党の支持は増えるんではないでしょうか、でも今回はだめでしょうね。
さすがに支配する人たちはこういうことが専門だけにやることがえぐいですよね。
 

茶番劇場、衆議院議員選挙。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月26日(火)19時34分59秒
  ちょっとひどすぎる茶番だと思います。
明らかに計画的におこなわれているのでしょう。
今回は国際的にもどんぴしゃりの状況は、この茶番の黒幕がどこらかの暗示なのでしょう。
アメリカが北朝鮮を攻撃するのはあり得ません。
北朝鮮がミサイルを打って、一番儲けているのはアメリカなのですから。
日本も韓国も、アメリカ軍がだめだと採用さえしてない、迎撃ミサイルシステムを買わされています。
ちょっとやりすぎなのがよけい茶番っぽいです。
日本ではやはり株価が上がってます。
安倍首相への批判をおこっているマスコミが、今度は小池新党を持ち上げています。
民進党からどんどん小池新党へ移動して、自民党が勝てばそれでもよし、自民が負けても小池新党との連立で小池首相ぐらいを目論んでるのでしょう。
どちらに転んでも、私たち国民の生活はますます悪くなるのでしょう。
まあ民進党も自民党の一派閥みたいなもんだから大きく違いはないんでしょうけど。
今回も多くの国民には投票先がないという、恐ろしい状況ではあります。
日本は行くとこまで行くんでしょうね。
絶望的ですね。
 

ブルーベリー畑が草ボーボー。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月24日(日)19時17分14秒
  わずか1か月半ぐらい、つまり収穫終了後草刈りをしなかった落差だらけになってました。
マメ科の雑草が株全体を覆い、そのままだったら来年の収穫は半減してたでしょう。
ブルーベリーにしろ、イチゴもそうなんですが、この時期に草を取ってないと来年の収穫は激減します。
ところが今は稲刈りで忙しくて、いつもの年は草を取ることができません。
今年は法人化で人を雇ってるので、何とか少しは余裕があり草取りができました。
このような、どうしてもやらなけネバならないわけではない仕事にしわ寄せは行くわけです。
ブルーベリーと、イチゴを食べ放題に出来るくらいにするのには結構時間を取られるのです。
草取りは年間で5回やれば完璧、3回ではまあまあ、2回では収穫激減、このぐらいシビアなもんなんですよ。
 

ミニトマトが割れてます。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月23日(土)19時38分33秒
  少し順調になった出荷ですが、出荷したミニトマトが割れていってるという電話が来ました。
この間の台風で雨がかなりハウスに入ったせいだと思われます。
その数日前にあまりにも木が元気がないので水を入れたのと重なってしまいました。
ハウスのトマトは水管理が難しいのです。
ミニトマトの集荷が遅れて熟れ過ぎなのも問題です。
明日は売れすぎたトマトのみを取っていきます。
今後の出荷は自家採取の種の方のミニトマトの出荷に切り替えます。
割れてるのは主に買った種のミニトマトです。
買った種は収量は3倍ですが、割れやすいのが判明しました。
来年は買った種のミニトマトを大部分しようと思ってたのですが、これで自家採取の種の方を主力に切り替えます。
ハウストマトの栽培は2年目ですので、まだまだ試行錯誤が続くのでしょう。
肥料も来年は少し控えます。
水のやり方にももう少し工夫がいりそうです。
このミニトマトを経営の柱の一つに育てなければなりません。
台風はハウスが壊れなかったのがラッキーだったので、トマトが割れるくらいで済んだのは仕方ないんでしょう。
 

出荷がだいぶ順調になってきました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月22日(金)19時46分1秒
  フェイスブックで農作物が余って困ってますと書いてから、友達が野菜の注文をしてくれ、大鹿村の友人が街に住んでる友人を訪ねるためのお土産に野菜を買ってくれ、ためしに送ったマルシェで人参がよく売れ、主力商品のミニトマト「あいこ」もかなり売れるようになってきました。
こういうのは流れなんですね。
サポートの皆さんに感謝します。
マルシェは横浜の「港北マルシェ」に出品してます。
何処にあるのかは知らないのですが、順平の家の近くだそうです。
マルシェでは今までミニトマト、ミディトマト、大トマトを主に出品してたのですが、今回人参も出品しました。
この時期横浜の近くでは人参は取れないので、意外と売れるかもと思い出品しました。
意外と売れました。
そのうちに東京のマルシェに直接出店も考えています。
 

稲刈りが終わりました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月21日(木)23時58分35秒
  これで来年まで大丈夫です。
お米を作るというのはこの実感なのです。
お米があるとほかの物はなくてもとりあえず生きていけるのです。
この感覚はお米を作った人にしかわかりません。
これが生きる実感なのです。
山で生きるというのは毎日がこの生きてるという実感を感じるということです。
小さいことでも、それの積み重ねで結果が出ます。
もちろん、何にもならないこともありますけど、それも含めての生活です。
大変ですが、そこが面白いところでもあります。
大きな一安心です。
 

倒木を切りました。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月20日(水)19時38分24秒
  稲刈り中で忙しい中倒木を切り倒しました。
倒木が木に引っ掛かってる場合、切るのは危険です。
切った時にどの方向に木が動くのかを、見極めるのが難しいのです。
今回1本が大きな木なので、これが危ないのです。
2回もチェーンソーを木に挟まれました。
木を切ってると弱い方、つまり気が動く方向の切った面が開いていきます。
基本下に落ちるので、上を半分切ってから下の方にチェーンソーの刃を回していくのですが、ある程度切ったところで、突然木が倒れたり跳ねたりする可能性が高いのです。
少しづつ切込みを深くして様子を見ながら慎重にやらなければなりません。
怖いんですよ、命がけです。

稲刈りは順調に進んでいます。
すでに一番大きな田んぼは終わりました。
稲刈りはすべて若い人たちに任せて、げたは何もしません。
様子を見に行くだけです。
塾生がいないので、げたは教える必要はないんです。
きつい作業はもうやれなくなってしまってるんです。
早く農業を引退してゲストハウスに専念したいものです。
 

台風で大荒れ、それでも収穫。

 投稿者:げた  投稿日:2017年 9月18日(月)19時23分21秒
  ふりだしの道の途中に倒れかけの木が3本、倒れた木が1本。
細い枝で止まってる木の下を通るのはスリルがあります。
明日は稲刈りなので、木を切るのはその後になります。
畑の被害は少しです。
花豆が少し倒れたみたいです。
お隣のティピーは倒れたそうです。
収穫は黒枝豆、ヘポカボチャ、スイカ、バターナッツ。
スイカはすべて収穫して後にジャガイモを植えます。
稲刈り後のハザを置いてる小屋にスズメバチが巣をかけているので、今日は1名刺されました。
明日からハザを出すのは、ハチを気にしながらになります。
当然ですが、殺虫剤を用意します。いざとなったら巣ごと殺虫剤を噴霧します。
無農薬ですが、これだけは仕方ありません。
何しろ命がけになりますから。
げたはスズメバチの巣を取るのは結構好きです。
危ないことが好きなんですね。
今回の巣はワラの中にあるので、巣の位置が確認できません。
殺虫剤以外の方法は難しいです。
普通は煙幕を使うのですが、藁の中に煙幕を入れると火事になる可能性があるので使えません。
 

レンタル掲示板
/85